ハワイでベーシックインカムを支持する法案が満場一致で通過、アメリカの州では初

アメリカのハワイ州で、ベーシックインカム(UBI)の考え方を支持する法案が議会を通過したそうです。もしこれが実施されれば、アメリカの州では初となりそうです。

この法案は「House Concurrent Resolution 89」と呼ばれ、ハワイ州議会議員のクリス・リー氏が提出したものです。議会の両議院で満場一致により通過したそうです。

スポンサーリンク

すべての島民に生活資金の保証を宣言

この法案は、「すべての島民が基本的な生活資金を保証されるべき」と宣言しているそうです。

政府機関に対しては、すべての家族に基本的な生活資金を保証する取り組みを行うよう命じています。この中には、形式は異なりますがベーシックインカムを検討することも含まれているようです。

今後はさまざまな分野のリーダーを集めてベーシックインカムに関するワークグループを作り、研究を進めていくそうです。

ハワイは生活費が高い

法案を提出したリー氏によると、ハワイは生活費が非常に高く(アメリカの州で最も高いとも言われている)、また低賃金のサービス産業に強く依存しているため、この対策は必要だそうです。

ハワイではサービス産業が多く、技術の影響を受けやすい

また、この法案はハワイのサービス産業を中心とした経済を念頭に置いているようです。サービス産業は電子取引やオートメーション化といった技術の影響を受けやすく、仕事がなくなる可能性が高いからです。

まとめと感想

  • ベーシックインカムを支持する法案が議会を通過
  • 内容は全ての島民に生活資金を保証するというもの
  • ハワイは生活費が高く、技術の影響を受けやすいサービス産業に依存しているため

日本人にも人気のハワイですが、現地に住む人は生活費の高騰や低賃金のサービス労働で生活は不安定なのかもしれませんね。

そのような条件を考えると、ハワイがベーシックインカムのようなものを考えるのも自然な流れのようにも思えますし、最も必要な場所なのかもしれません。

参考記事:Hawaii may become first US state to adopt basic income / Hawaii could become the first state to offer its citizens universal basic income after bill passes through both houses of state legislature

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする